2020新発 子(鼠 干支置物■ 令和 2020年 鼡 青銅(ブロンズ)製【高岡銅器】 ■瑞峰作 大根に鼠 ねずみ)■ ネズミ-工芸品・民芸品

2020新発 子(鼠 干支置物■ 令和 2020年 鼡 青銅(ブロンズ)製【高岡銅器】 ■瑞峰作 大根に鼠 ねずみ)■ ネズミ-工芸品・民芸品

2020新発 子(鼠 干支置物■ 令和 2020年 鼡 青銅(ブロンズ)製【高岡銅器】 ■瑞峰作 大根に鼠 ねずみ)■ ネズミ-工芸品・民芸品

サイト内検索

このサイトについて



期間、数量限定ですのでお早めに!

作者瑞峰
材質青銅(ブロンズ)製
付属紙箱
サイズ(センチ)高さ約10.0×幅約35.5奥行約14.0
高岡銅器高岡銅器は富山県西部に位置する高岡市の地場産業です。
その起源は400年前1609年加賀藩二代目藩主、前田利長公が高岡築城に際し、城下の繁栄をはかる産業政策の一環として現在の高岡市金屋町に鋳物工場を開設した事に始まります。
当初は鉄鋳物による鍋、釜、等の日用品、鋤、鍬などの農具が主体でしたが、江戸中期になり生活、文化の向上により唐金鋳物の需要が増加し、特に仏具は寺院に限らず一般家庭にも求められるようになりました。
その後、明治、大正、にかけて火鉢、瓶掛、茶道具、置物などの製作が益々盛んになり、高岡銅器の美術的価値が全国に知られるようになり、花器、室内置物などはギフト需要を開拓し大きく成長しました。
また大型銅像の制作も時代とともに全国的に需要が盛んになり、高岡銅器の一大部門として成長しました。
海外では、1862年のロンドン万国博覧会や1867年のパリ万国博覧会の時に、鋳銅器や象嵌彫刻銅器など多く出品され、当時ジャパニズム旋風が起きました。
今日では全国の銅器販売額の95%以上を占め、昭和50年には伝統的工芸品として国の指定を受けました。

子グッズ 鼠グッズ ねずみグッズ ネズミグッズ 子置物 鼠置物 ねずみ置物 ネズミ置物 子神社 千手観音 令和2年 令和二年 令和2年置物 令和二年置物 迎春 初春 正月 十二支干支 十二支置物 干支置物 開運置物 正月置物 迎春置物 初春置物 干支の置物 えとの置物 干支2020 2020干支 2020置物 置物2020 福子 子の置物 子干支 子の日 子の日

メールフォーム

このサイトについて

【組立・輸送等の都合で納期に1週間以上かかります】 TRUSCO/トラスコ中山 【代引不可】M10型重量棚 1800X620XH1500 4段 連結 ネオグレー M10-5664B NG

カテゴリ

月別

ページ先頭へ